副業というと、難しいことをしなくてはいけないのではないかというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはないのです。何気なく撮った写真で収入を得る副業もあるのです。
どうやってお金を稼ぐのかというと、それは写真販売サイトを活用することです。
なぜ写真を売ることができるのかというと、写真販売サイトでは、個人またはカメラマンが撮影した写真を販売し、撮った人はその売上の一部を収入として受けとるのです。
サイトにもよりますが、収入として撮影者に入るお金は、販売額の20~50%ほどです。
ですが、どんな写真でも販売できるというわけではありません。
まずは、写真販売サイトに登録して、サイト側からの審査を受けます。審査にかかる日数は、早くても数日。長くかかる場合には、約1ヶ月ほどかかります。そして、写真のなかに人や物が写ってしまった場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。写真を販売するときに人や物が写ったときには、販売許可証をもらいましょう。
特に注意しなくてはいけないのが、商業ロゴです。写真の片隅にたとえ小さくても企業の商品もしくは名前が写りこんでしまった場合は、審査に受かることはありません。
そして、審査に合格したからといって必ず売れるわけではありません。どんな写真が人気があるのか、リサーチしてから販売するようにしましょう。
写真を販売したことがない人にとって、不安に感じる部分も多いでしょう。そんなときには、サイトのサポートに相談してみましょう。的確なアドバイスをしてくれることもあるため、お金を稼ぎやすくなります。
副業として写真を販売するメリットは、自由な時間を活用できるところです。通常、副業というと、本業のないときにおこなうイメージがあります。
ですが、写真販売の副業は空いているスキマ時間を使っていつでもできることが魅力です。
そして、道具は持っているデジタルカメラやスマートフォンで十分なので、改めて道具を揃える必要はありません。
また、特殊な技術も必要ではないため、サラリーマンでも、OLでも、専業主婦でも誰でも手軽に始めることができます。
写真の出来映えによっては、収入を大幅に増やすことも可能です。
普段から写真を撮ることが好きな人や、自撮りを習慣にしている人にはピッタリな副業です。
写真販売を副業として始めるときには、まずは自分と相性のいい写真販売サイトを探すことから始めてみるといいでしょう。